toggle
2020-04-16

不動産取引の主役を、ユーザーに


私は「不動産取引の主役をユーザーに」したいと切に願っています。私が独立した理由は、現状の不動産業界のサービス基準から考えるのではなく、私自身が良い・正しいと思う本質の不動産サービスを実現したいと考えたからです。

では、主役がユーザーではない今の不動産業界とは一体どういう状態のことでしょうか?

それは、不動産業界のプレイヤーの多くが「情報の非対称性」を利用して、依頼主の利益より、利己的な取引が優先しそれがまかり通っている現状のことです。

不動産業者が主役になってしまっているひとつの事例として、 “両手取引”を禁じていないことがあります。アメリカでは1業者が、売主と買主双方の依頼を受けることを禁じています。これは本来売主と買主は利害が対立する立場であり、その両者から委託を受けることは、利益相反行為とみなされるからです。

しかし現状は、仲介会社の一件あたりの手数料率が大手であればあるほど6%に近いという現実は、“両手取引“を「企業として恣意的に計画している」ことの表れではないかと思います。

(補足) 仲介手数料は、「3%+6万円」が法定上限であり、1件あたりの成約料率が6%に近い実績があるということは、”両手成約の割合が高い”ことを意味しています。

本来、制限なく広く情報をオープンにして買主を募ることが、高くそして早く売却できることの条件であります。 しかし実際は、囲い込みによって、物元業者自社のお客にしか紹介させないと言う方法がまかり通っており、これを防ぐことは不動産の流通制度を変えない限り難しいことです。

求める希望の不動産と出会うことを本気で行動している人の元に情報が届く、という極めてシンプルなことが業界の商習慣・制度上から阻まれており、私の力だけでこれを変えることはできません。

私に物件探しのご依頼を頂いても、囲い込みされてしまえばその方へ物件を届けることができません。仲介という立場では、大切な方のためにベストな答えを導くことができないことがあります。

私は現在、お客様の不動産パフォーマンス(不動産を利用する中で不動産の力を余すことなく発揮させるという意味)を高めるという軸で事業展開を行なっています。

不動産取引の主役がユーザーになれば、幸せになる人が増え、世の中が変わると考えています。 不動産は”社会の基盤”であり、不動産自体が何か便益を産むものではないため、世の中が変わるというのは言いすぎかもしれません。しかし、不動産の正しい利用方法や活かし方を知れば、利用者の生活向上や事業のパフォーマンスが向上し、正のスパイラルを作るきっかけになれるものだと思っています。

弊社の「不動産取引の主役を、ユーザーに」する事業

不動産顧問という事業では、企業の不動産管理マネジメントについて、正しく安全な取引へと導くことで、本業の事業利益を向上させるサポートをさせていただいております。

不動産管理事業では、不動産活用のマネジメントを弊社が代行することで、オーナー様は手間と時間をかけずに、不動産が生む収入とそれにかかる支出を下げることができ、収益パフォーマンスを上げるためのお手伝いをしています。

弊社では、入居者さんとのやり取りにLINEを利用しています。入居者の管理会社に対して「連絡がとれない・伝えたのに対応してくれない」という不満を良く耳にしますが、入居者からの連絡を「いつでも・確実に」受け取れる体制を取ることで、このような不満は回避できることではないかと思います。これも当社が考える「不動産取引の主役を、ユーザーに」することのひとつの取り組みです。

店舗探し代行事業では、仲介という立場では、依頼人に優良な物件を届けることができないので、依頼人の代理人となることで、制限なく優良な物件情報を仕入れ、届けることを実現しています。物件探しが成功すれば、その後の店舗運営の幸先のよりスタートが切れます。反対に、悪い物件でスタートしてしまうと、後々の経営努力では挽回できないという事態になりかねないことになります。

「不動産取引の主役を、ユーザーに」するために、まだまだやれていないことがたくさんあります。また、前述した事業の中でやれることはもっともっとあります。弊社のサービスで、幸せを掴む人が増えるように、もっと「不動産取引の主役を、ユーザーに」していきたいと思います。


関連記事