toggle

検索結果:空室対策

賃貸募集で一般媒介にすれば、募集間口は広がり空室対策になるのか?

よく一般媒介にすれば、募集の間口が広がって、早くに空室が決まるという考えを聞きますが、果たして本当にそうなのでしょうか。 専任媒介のように、1社独占ではないので、情報の囲い込み状態になることは防げます。

案内が入らないときのチェックポイント 内見するためのハードルがないか?

賃料は適正に設定している、仲介業者への空室情報の共有もしている、それなのになかなか案内が入らない…。 もしかしたら、その物件を案内することにいくつかの障壁(ハードル)があるのかもしれません。障壁を限りなく少なくすることが …続きを読む >

賃貸募集物件、一般媒介で決まらない理由は何か?

前の記事で一般媒介契約(複数社に募集委託する形式)では、空室が決まりにくい理由について、仲介業者の特性から考察しました。

賃貸管理会社の業務について②家賃管理業務編

今日は、賃貸管理会社の業務について2回目、家賃管理業務偏です。前回は、募集業務編でした。 賃貸マンション経営の根っこの目的は、オーナーによって様々ではありますが、”安定収益を上げること”はすべてのオーナーに当てはまること …続きを読む >

【suumo、home’s】反響効果の徹底比較。反響数・返信率・案内率、費用対効果…結果は?

(財)日管協の調査結果によれば、賃貸物件探しのネット利用者は全体の6割らしい。 実数値と調査結果の乖離はあるにせよ、まずネット検索して、気になった物件を扱っている不動産会社に問い合わせて物件集合、という問い合わせの流れは …続きを読む >

”法人契約だから安心”は早計… 漏水事故を想定した賃貸借契約 注意点 #損害保険

不動産管理業の重要ミッションのひとつは ”高稼働維持” つまり空室のリーシング(客付け)活動。またそれと同時に、事故を事前に防ぐ”リスクマネジメント”もとても重要です。 物件を預かる会社として管理会社として業界経験は必須 …続きを読む >