toggle

最善の不動産ソリューションを目指して

ずっと地に足ついた稲穂のようでありたい

社会に出て3年経過した頃、わたしはジレンマを抱えていました。

当時、わたしは土地活用(賃貸マンション建築)提案の営業マンでした。担当エリアから遠く離れた土地でアパート建築したいという相談でした。

この場所で建てたら、今は決まっても近い将来入居者付けに困る。建てるより売却して、賃貸需要の強いエリアで中古アパート(マンション)を購入したほうが依頼主のためだ。そう思いました。

しかし、その提案は許されるはずがありません。なぜなら自分の業績評価は売却ではなく、建築受注だからです。

ジレンマを抱えながらも特に行動を起こさず2年が過ぎました。やっぱり建築にとらわれた提案では窮屈すぎる。資産運用のための土地活用営業なのに、建築しか評価されないのは、釈然としない。

わたしは売買仲介への職種変更を希望し、しばらくして異動することができました。

賃貸の需要に左右されない売買仲介は自由度が高く、充実度も高かったです。土地を評価する軸が”賃貸マンション”の1点張りから、自宅などの自利用地に始まり賃貸用の投資用地、そして法人が利用する事業用地などへと幅が拡がりました。これぞ不動産の醍醐味だと感じていました。

しばらくして収益物件(投資用ビル・マンション)を扱う部署に移りました。クライアントはいい物件(=安く買える物件)を紹介してほしいという方がほとんどでした。安く収益物件を購入できれば、安定的な家賃収入を得られ、経済的自由を得られるからです。

クライアントのほとんどは当社1社に限らず、複数の業者に物件購入を依頼するのが普通でした。それは多くに依頼した方が、優良物件が自分のところに入ってくる確率が高まるからです。

わたしは空虚感を感じました。なぜなら、自分が最善の解決手段を提供できる立場ではないからです。仲介というポジションでは、自分自身で解決策を生み出すことができません。頭でいくら考えても逆立ちしてもわたしの中から物件は出てきません。不動産仲介業では、最善策を示すパートナーになりえない、それに気づいたとき仕事のモチベーションが一気に下がってしまいました。

不動産課題に対して、最善の方法を示せる立場はなにか……

その後は部署異動もあり、プレイヤーからマネ―ジャーへと役割が変わったことで、考えることも決めることも処理することも多くなり、不動産業の理想を追う余裕もない時期が続きました。

そして、数店舗を指導するスーパーバイザーへと役割が増えると、また空虚感を感じました。ただクライアントから「ありがとう」と言われたい。現場で活躍したい。

わたしは、2015年に13年勤めた会社を退職し「田実宅建士事務所」を設立しました。当社は、”不動産取引の主役を、ユーザーに” をモットーにしています。この業界では、未だに業者のスタンド(自己中)プレーが横行していると思うからです。

現在は、不動産の最適解を示せる立場として、企業様からは不動産顧問として、また不動産オーナー様からは賃貸経営を任せていただくようになりました。クライアントのパートナーなる不動産事務所として活動しております。

余暇でも仕事でも不動産がわたしたちに与える影響は計り知れません。当社は、徹底的にベストな問題解決を提案します。

代表取締役 田実省二郎


日々の出来事を自由に書いています。良ければ御覧ください。