toggle
2019-08-06

現場雑感録「#アナログ」

Pocket

今はネットで探してみれば、大体の目的を適えるものが見つかる。ネットは今では仕事をする上で欠かせないものであることは間違いない。

今回のお客様からのご依頼は、整理されていない倉庫のリニューアルをプランニングから行うもの。約20年自分のキャリアの骨子は”不動産と建築”で出来ている。しかし、独立後に現場のことを知らなすぎると感じた自分は大工の方の手元となり、内装リノベーションの勉強をさせていただいた。

少し脱線してしまったけれど、パソコンの中だけでシュミレーションしても仕事は完結しないし、いい仕事になる可能性は低い。不動産の仕事は「現地・現物主義」を旨とすべしと思い業務に向かっている。納品する収納器具(ハンガーラック)やダンボールの保管棚(スチールラック)として数点がピックアップできたけれど、どれがベストなのか見えてこない。こんな時は図面に起こしてみるとパソコン作業では見えなかったことが見えてくる。現場の寸法に商品を当て込んだ図面を書くことで無駄などが見えてくる。事前準備やプランニングするときも現地現物主義で組み立てることを忘れない。

Pocket

関連記事
Comment





Comment